コンポストトイレ-バイオトイレの最新版 バクテリア(微生物)生分解による環境循環式のトイレ誕生
便座 暖房 洗浄 温水便座 暖房 洗浄 温水便座 暖房 洗浄 温水

・コンポストトイレ

 

トイレ便座

塩素除去

通販サイト

会社案内

強酸性水
シャワー
強アルカリ

コンポスト・トイレ(バイオトイレ)は環境に優しい  臭いも安心

バイオトイレ水を使わないコンポスト・トイレ
臭いも安心のSMDバイオトイレ。
自然循環型トイレ・・・日本製)
微生物の生分解(分解酵素)を利用した新しいトイレです。排泄物を微生物の生分解で処理しますので、水も後処理も不要で、周りの川を汚さず、環境に優しい!
水道の無い場所でも利用できますので、山小屋などの山間部や離島、簡易トイレ、海外でも魅力なバイオトイレです。
水洗トイレに比べて施工費などイニシャルコストも抑えられ、スペース自由度が高いので、トイレを導入できなかった場所へもご提案できるようになりました。

常に処理を続けているので排泄物は溜る事無く、汲み取りなどの後処理の負担が軽く自然環境にも配慮した自然循環型トイレとしても注目されています。環境技術としても注目されています。製造、組み立てを日本国内で行っている安心の日本製です。MADE IN JAPAN

コンポストトイレ(バイオトイレ)の信頼性
コンポストトイレ技術は環境技術実証事業として
環境省の第三者による性能実証結果を公開
しております。
自然地域トイレし尿処理技術分野
平成22年度 実証実験(030-1002)
バイオ生分解

排水や汲取りの必要無し
 排泄物を微生物の働きで分解・容減ます。
清潔で環境にも良い
 排泄物を短時間で分解しますのでいつでも清潔です
臭いも安心
 微生物の力で排泄物の悪臭も抑え臭い気になりません
自由な設置
 電源有れば何処でも設置OK面倒な電気工事不要
上水 下水 が不要
 水は不要!設置時も上下水道接続不要で完結
トイレットペーパー投入
 ティッシュペーパーは不可ですが、トイレットペーパーOK
二次問題なし
 汲み取りや排水が無く環境に優しい
メンテナンスが簡単
 1年に1回程度のバイオチップの入れ替えでOK
  (仕様によります)
低ランニングコスト
 汲み取り、上水下水不要です
山間部
 山小屋や避難小屋、キャンプ地などの給水排水設備の
  工事が難 しい場所
公共施設
 災害時の非常用トイレとしても活躍できます
工事現場
 工事現場の仮設トイレとしても活用できます
イベント会場
 イベントや祭り等の仮設トイレとして活用できます
海外
 インフラ設備の整っていない国などに衛生的なトイレ

代理店の募集
コンポスト・トイレの販売をしませんか? 販売代理店募集中!
日本国内、海外などこれからのビジネスです。


生分解 杉おがくず

排泄物とトイレットペーパーがバイオトイレ内に入ってきますと、スクリューでバイオチップと撹拌します。水分は臭いを発生することなく蒸発し、残った固形分は微生物が分解し、水と炭酸ガスに分解されます。使用人数によりタンク用量を変える事ができますので、用途や使用回数により適切なモデルをご提案させていただきます。お話によってはカスタムメイドも承ります。

バイオトイレ値段
バイオチップ菌床)
バイオチップ(菌床)
土壌菌群ST-1
ST-1(土壌菌群)

バイオチップに使用している木チップは、杉材中心のものを使用しています。破砕された木チップは、篩にかけ大きさは均一化され、弊社のノウハウで何段階もの加工を施し、さらに雑菌処理を行っています。(参考写真1:バイオチップ)
バイオチップに含まれる微生物は、自然界の有用な土壌菌群です。
その中で有効であったものを培養したものです。(参考写真2:ST-1)
弊社のバイオチップは、ST-1が活動するのに最適な環境になっており、消臭などについてもバイオチップに含まれる微生物をはじめ、木片、活性炭など複合的なものにより、さらに有効になってると考えます。
バイオチップ = 木チップ + 土壌菌群 (適正な配合が必要!)
コンポスト・トイレ稼働時のバイオチップの含水率は、約60%前後が微生物の活動に適しています。水分が多すぎると臭いの発生原因になり、乾燥状態が続くと、微生物の活動に影響を与えますので、注意が必要です。バイオチップは、使用頻度にもよりますが、1年に1回程度取替が必要です。(使用頻度によります)

島田俊雄 氏島田先生は、平成22年10月に逝去されるまで、25年以上にわたって微生物の研究を続けた「微生物先生」。
現在もその微生物が遠く中国の大地で活躍しています。微生物を使っての、やせた農地の改良、川や池の浄化、コンポスト・トイレ(中国では500台以上設置済み)に取り組んできました。RKB毎日放送で「ムーブ2005桃とトイレと日本人」で紹介されました。中国の常州市において、SARS呼予防への貢献度が認められ、これまでの実績と合わせて第13位名誉市民賞や科学技術大賞も受賞されました。また、江蘇省の環境技術顧問に就任して「江南大学 島田連合微生物研究所」を立ち上げ、日中の大学生や研究者がつどい、微生物を使った無農薬・有機農業、地元太湖の水質浄化の研究、後継者育成をおこないました。

作り方故 島田先生の教え
私たち人類は大自然の力を借りて生活してきました。
この美しい地球を守り更に子供達へと伝えて行くのが私たちの努めです。自然と人間との関係を見つめ、程良いバランスを保ち環境を守ることが使命です。

昭和58年 微生物による排水処理「A-PON」の特許取得、無農薬農業指導
平成7年 中国江蘇省常州市科学技術客員教授就任
  微生物による土壌改良、無農薬による米、果物、野菜の指導
  バイオトイレの研究がはじまる。
平成15 中国のSARSの隔離病棟などにもバイオトイレが設置される。
平成16 中国常州市より栄誉市民賞受賞
  SMDバイオトイレ約500台の実績をつくる。
平成18 ソロプチミスト日本財団の環境貢献賞受賞
平成19 中国江蘇省太湖に水浄化装置・アオコ処理装置納入
平成19 オーストラリアにバイオトイレの指導をはじめる
平成20 中国江蘇省科学・技術開発顧問就任
平成21 オーストラリアに渡りバイオトイレ・微生物などの指導
平成22.10 島田俊雄70歳で逝去

島田先生の意思を受け継ぎ開発設計を続けております。

臭い軽減の設計

バイオトイレとは、英語ではComposting toiletと言われ、日本では「バイオ・トイレ」のほかに「コンポスト・トイレ」「コンポスティング・トイレ」とも呼ばれています。
バクテリア(微生物)の生分解を利用します。

 詳しいお問合せは下記までご連絡下さい。
 メール : メールはこちらをクリックinfo@pg-japan.com
 TEL : 072-846-3058
 FAX : 072-846-2306
 担当 : 山口
 製造 : アイテックシステム株式会社
 販売 : 株式会社パワーグリーン・ジャパン
英彦山バイオトイレ

英彦山 ×2基

英彦山 中岳山頂
福岡県と大分県にまたがる標高1,199mの山(日本200名山)です。
英彦山には毎年20万人を超える登山者が訪れますが、これまで登山道にトイレが無く自然環境保全の面から地元よりトイレの設置が求められておりました。英彦山は歴史的な史跡が多く、英彦山は山そのものが神域であり、その神域にトイレを作ると言う事は苦渋の選択でもあったようです。最先端技術のバイオトイレで臭いやメンテナンス、管理も問題をクリアーしながら、更に環境にも優しい太陽光発電パネルを屋根に設置しております。

 

バイオトイレ

広島県 公園 2基

上水、下水と接続するには多大なコストが必要となりますが、このコンポストトイレであれば電源を確保できれば直ぐに使用できます。イニシャルコストも従来の水洗式に比べると大幅にカットでき、汲み取りなどの作業や業者委託に掛かる費用も不要です。 更にトイレの移動も可能となり、緊急時には地域貢献として活躍する事ができます。
今回のコンポストトイレのデザインには、ログハウスメーカーと共同で製作し、本物の「木」を使用した、環境と景色に溶け込む仕様になっています。

 

バイオトイレ広島県
広島県 公園へ設置 2基

 

福智山 福智山バイオトイレ

福岡県 福智山
北九州市国立公園の福智山への設置です。
ソーラーパネルを屋根へ設置し、コンポストトイレに必要な電力をまかないますので、自己完結型のコンポスト・トイレとなります。トイレの壁板(1枚の長さ2m 重さ10Kg)×200枚を荷歩にて協力頂きました皆様で運び上げました。

 

コンポスト・トイレは海外でも活躍しております。

ベトナム
ベトナム
ベトナム ハノイにある工場へ設置 ベトナム ハロン湾へ設置

 

上部に戻る
トップに戻る

006

家庭用/業務用の販売・通販 株式会社パワーグリーン・ジャパン  
〒573-1111 大阪府枚方市楠葉朝日1丁目5-2  電話 072-894-8615 FAX 072-894-8616
 分岐水栓の活用 中国、スリランカ事例
Copyright 2008 POWER GREEN JAPAN CO.,LTD All rights reserved.c

便座 暖房 洗浄 温水 便座 暖房 洗浄 温水 便座 暖房 洗浄 温水