活水器 燃費向上グッズ 強アルカリイオン 霊芝 省エネ日本輸入販売元製造メーカーOEM/販売代理店募集中磁気イオン活水器 燃費向上 アルカリイオン整水器強アルカリ水 洗浄 エンジンオイル添加剤鹿角霊芝 健康食品

ホーム

磁気活水器

住宅用

磁化水

整水器

RO浸透膜

燃費向上

自動車用

オイル添加剤

その他製品

バイオトイレ

代理店募集

OEM

会社案内

ショッピング

ご購入

お問い合わせ


省エネ

燃費向上 パワーグリーンファイヤー ボイラー・自動車など

ボイラー燃費向上 炉の燃費向上 発電機の燃費向上機器

燃費向上ボイラー燃費向上事例パワーグリーンファイヤーは燃費向上アイテムとして1990年代に環境先進国であるドイツで研究され、技術の進歩と共に改良を重ねて、現在に至っております。ドイツではボイラーや炉・エンジンなどの燃費向上アイテムとして1990年代より販売されており、日本でも2002年から販売を開始いたしま した。パワーグリーンファイヤーは磁気技術を応用して、原子と分子の操作を最も高度な技術で行い燃費向上プロセスを行います。磁気流体力学(MHD)は比較的最 近の研究分野です。磁界の影響を受ける流体の動きに関する原理であり、その殆どはここ 30年間に研究されたもので、要約成熟期を迎えました。パワーグリーンは磁気技術を応 用していますが磁石(マグネット)だけではありません。又それは磁気学を利用して既知の結果を生み だす為の科学技術です。

対応燃料 ・・・ A重油 灯油 軽油 ガソリン ガスの燃費向上

自動車の燃費向上グッズはこちら   燃費向上、取付け事例はこちら


燃費向上tuv暖房機ドイツTUVテスト機関において、数ある燃費向上製品の中で、パワーグリーンSファイヤーだけがその効果を認証されました。テュフは、ドイツで生まれた、行政から独立した第三者試験認証機関です。世界的に認められた、この認証マークは、1860年代、ボイラー設備の安全性試験から始まりました。
     認証書面の内容
パワーグリーンSファイヤーは効果試験を行いました。テストの規格に従いメーカーが主張した結果は確かに認められます。パワーグリーンSファイヤーは以下の製品性能があります。研究組織は、暖房機においておよそ15%の化石燃料の節約が可能である事を確認しました。暖房機での使用では確実に有害物質排出の低減をしています。


燃焼効率の向上により燃費向上グッズ燃費向上自動車ボイラー用

 約5%の燃料費削減節約
 排気ガスのクリーン化
 燃費向上による燃料使用量の削減
 メンテナンスフリー
 ランニングコスト不要
 薬品不要

燃費向上により                          写真:パワーグリーンSファイヤー    約5%の燃料経費の削減節約                  
  ISO環境計画への導入


燃費向上燃費向上ボイラー

プロセスを簡単に解説すればこうだ。 ボイラーの炉やエンジンなどで不完全燃焼して煙突やマフラーから捨てられている未だ燃える物質(未燃物の炭化水素など)をボイラーや炉内で、あるいはエンジン内で熱に変えて燃焼を高める。そうすれば燃費向上となって燃料費を削減できる。又環境にも優しい。パワーグリーンの燃費向上へのアプローチは、電気的に(静電気のようなイメージ)結合している燃料分子を強力な磁場の中を通過させ、結合を解く事で、燃料分子の重なっていた面積が減少し、表面積が広がります。表面積が広がり空気との出会いの確率が高まった燃料分子は綺麗に燃焼し、捨てられる可燃物が減る事で燃費向上する訳です。ここでのポイントは燃料の表面積を広げるデバイスと言う事で、単に磁気を与えただけでは効果(表面積を広げる=燃費向上)を発揮しません。適切な磁界、組み合わせ、など幾つもの条件が相まってはじめて燃料分子の操作ができ、燃費向上に繋がるのです。例えば燃料配管の外から挟み込みタイプではのこ幾つもの条件をクリアーできず効果的では有りません。更に鉄配管の挟み込みは、鉄に磁場が伝導されるので適切な磁場形成が不可能となりますので殆ど効果(燃費向上)は発揮できません。燃費向上をするにはそれだけの適切な環境が必要です。
ボイラーなどにパワーグリーンを取付けする事だけでも燃費向上に対しては、とても効果的です。そしてパワーグリーンを取り付けた1ヵ月後あたりに更なる燃費向上の為に行いたい事は、パワーグリーンにより酸素との結合率が高まった事で考えられる事実として、空気比を下げる事と、燃料噴射量の調整です。燃料を改質するという事は、燃焼のバランスも変える必要があり、燃費向上へのプロセスはトータル的に行う必要があり、空気比や燃料噴射量を調整すれば燃費向上は当然のことで、パワーグリーンはそのような環境を作る1つのデバイスでも有ります。

燃費向上ドイツのエンジニアからの燃費向上プロセス資料を訳すると下記のように記載されています。
パワーグリーン科学原理 燃料に対する磁界効果。 炭化水素は、炭素と水素のみで構成され付随する結合エネルギーで価電子のシェアリングと共に結合した科学化合物の一基として定義されます。触媒が燃料に及ぼす磁界の働きは燃焼行程の前に 炭素-炭素原子と炭素-水素(=表面張力の還元)間の結合エネルギーを減少させます。これによりラジカルとして定義された高反応な形で炭素原子と水素原子をより良く利用する事ができます。この組み合わせで燃焼行程の間、ペロキサイド(過酸化物)と呼ばれる中間化合物が大気から酸素と共に生成されます。これらが順に不燃性素子と反応し、システムにより多くのエネルギーをもたらしながら燃焼速度を上げ、その結果熱効果を増大させます。
燃焼行程における効果
反応率を増大させる高反応ラジカル化合物の生成に続いて次のような目的が達成されます。
@不燃性素子(HC CO C)の全酸化を二酸化炭素と水に
Aガスの不透明度を生じる浮流物質の減少
B利用する大気窒素の低濃度により酸化窒素の生成を減少
C化学エネルギーのトータルリカバリーが不燃性素子でも利用可能
D燃焼行程で過剰な空気を少なくする
E比消費量(燃費向上)の減少                       (写真:発電機への取付け)


燃費向上IHI蒸気ボイラー 燃費向上IHI蒸気ボイラーの ボイラーへ取付けて蒸発倍数変動による燃費向上数値を検証した。パワーグリーンラインとノーマルラインでのバイパス切り替えにより燃費向上の数値を検証する。結果、ノーマルラインとパワーグリーンラインでは5.4%の燃費向上が見られた。燃料改質での燃費向上率は5%前後が常識の範囲であるが、更に空気調整や燃料量の調整(ノズルチップ交換)などを行えば更に燃費向上率は高まると思われる。但し、取り付けだけでは先ほどの通り5%前後の燃費向上率が平均となる。


ここで、10%の燃費向上が可能なのかを考える。

燃費向上グラフ燃費向上率グラフ暖房機ボイラー 燃費向上グラフ、燃費向上率表省エネ暖房機 この系統(燃料改質)では、不完全燃焼を出来る限り完全燃焼に近づけ燃費向上を目指します。そのアプローチを磁場(磁石)であったりセラミックなどで行いますが、先ず考えられる事は100%燃焼した場合に10%以上も燃費向上の猶予があるのか?である。逆に言えば10%も不完全燃焼している(未燃物)排気ガスが煙突やマフラーから捨てられているのか?を考えれば答えは簡単である。
しかし、パワーグリーンのトータル的な燃費向上には外的要因までアプローチする事で可能な場面が有るはずだ。

ボイラー水管スケール対策商品はこちら

パワーグリーントップへ
このページ(燃費向上)のトップへ
自動車の燃費向上グッズはこちら
ガス用製品

燃費向上 ♯008

株式会社パワーグリーン・ジャパン 〒573-1111 大阪府枚方市楠葉朝日1丁目5-2
TEL:072-894-8615 FAX072-894-8616 リチウムイオンバッテリー内蔵LED水銀灯登場。
FT10用カートリッジ入荷 強酸性水生成装置入荷 強アルカリ水OEM対応します。
Copyright 2010 POWER GREEN・JAPAN co.LTDAll rights reserved.c

活水器 燃費向上 アルカリイオン整水器 八万霊芝 鹿角霊芝 健康食品 株式会社パワーグリーン・ジャパン エンジンオイル添加剤 セラミックパワーリキット