ヴェルファイア(VELLFIRE)のあれこれ 強アルカリ水ベルファイア
ヴェルファイア タイヤチェーン タイヤ交換


キャンプ

スキー

登山

BMW

ヴェルファイア

 

 

水銀灯省エネ

強酸性水

セラミックパワーリキッド

強アルカリ水

ヴェルファイアーベルファイア2.4Z。買う気が無いどころか、初めてヴェルファイアを見たときに、カッコ悪!が第一印象でした。元々ドイツ車が好きで、BMWのX5が欲しかったのですが、当然高くて手が出ません。その当時はパジェロ3.5LGDIのロングに乗ってましたが、この車が燃費悪くて大変でした。でも買える範囲で乗り換えたい車もないし、お金も掛かるので、パジェロを乗り潰そうかと思いながら来年車検だな〜なんて考えていたら知り合いのトヨタネッツの営業マンが会社にやって来ました。乗換えで燃費UPした分でローンが払える+意外と良かったパジェロの下取りで判子押しました。
エンジンは2.4でOKです。
タイヤは18インチは要らないので17インチにスペックダウン 235/50R18 97V⇒ 215/60R17 96H
スキーに行くので17インチにする事で、チェーン対応で、乗り心地もソフト(やっぱり硬いほうがいいけど)、そしてタイヤ交換時に安く済みます(笑)。スペックダウンする事で、ヴェルファイアの見積もりも当然安くなります。

ヴェルファイア色・・・ショールームには白色がありました。綺麗です!黒もカッコいい!!でも、B型の俺には、この大きなヴェルファイアを洗車する気が起りそうも無いので、汚れても分らん色と言う事でシルバーかグレーと迷う!グレーの現車を見てみたいけど、中々見つからない。ようやく1週間後に違うネッツの営業所にグレーが有るとの事で、見に行く。OKOK、綺麗です!これに決定。そうそう乗車定員は8人乗りでOKです。
知り合いがフロアマットをヴェルファイア作っています!ネッツで純正を購入すると!高いっ!!ので、友人のお願いしました。写真がそのマットですが、ちゃんとベルファイア用に出来ております。価格も半分以下で品質は上々です!ネッツの営業マンが「これ、いいですね」とお世辞も含めて(笑)言っておりました。

ヴェルファイアの乗り心地など
上にも書きましたように、俺のヴェルファイアのタイヤは17インチです。通常18インチで扁平が50に対して17インチの場合は60になります。かなりソフトになっているかもしれませんので、その点を考慮下さいね。さて、この文章を打ち込んでいる今は、2010年12月29日ですが、購入してから既に2年ヴェルファイア以上が経ちました。走行距離は25000キロメートル程度ですが、いつもは嫁さんが使っています。この車、できるなら運転手ではなくて後席に乗りたい車です。嫁さんに運転してもらって後席に乗り込めば・・・う〜んBMWの7シリーズのロング版やセンチュリーに乗った経験がありますが、広さだけを見ればこっちの方が広い。足元広々でシートも自由に倒せるしTVもDVDでも見れる・・・今の子供は恵まれてますなぁ〜(俺の小さい頃は、オヤジの車にエアコンが無い時代だったから夏の旅行なんて窓にタオル掛けて・・・・ってブツブツ)それでも、子供たちは扁平60からなのか?ワゴン特有なのか?車酔いします。BMWでは酔わないのですが、ヴェルファイアは酔います・・・。やっぱりフワフワ感やビシッと感(剛性)が少ない。剛性はワゴンだから仕方ないけどね・・・。それと、DVDを見てしまうので余計に酔うのかもしれませんね。
運転すると、BMWの場合には、真直ぐな高速道路であれ、市内の道であれ、当然ながら峠道であヴェルファイアれ、いつも楽しいですが、ヴェルファイアの場合は残念ながらその感じは有りません。(これもワゴンですから比べては気の毒ですが)坦々とA地点からB地点へ移動する手段のような車です。ワクワク感は有りませんが、静かで安全に遠くへ移動する事が出来る車です。高速道路では80km/hと120km/hの違いが余り分らない程で、ビックホーン、プラド、パジェロでは120km/hは風きり音とロードノイズなどでこれ以上はしんどいスピード域でしたが、ヴェルファイアはいい意味で坦々と、静かに走ります。1●●km/hでも手に汗を握るようなことは有りませんから、ロードノイズなどは綺麗に処理されているようですね。パジェロとヴェルファイアエンジン音はこのスピード域では全く気になりませんが、低速から加速する時は4気筒の安っぽい音がしてしまいます(*_*; Super CVT-i(自動無段変速機)は0スタートから20〜30km/h位の時に一度トルクが落ちる感じを受けますが、気になる程度ではありません。昨年一度、エンジン音が大きな音がするようになってネッツに持ち込むと、CVT一式を交換しました。当然無償ですが(笑)
辛口な事も書きましたが、ワゴンとしてはハンドリングなどよりもスペースや雰囲気、装備などが優先される車ですから、それを考えれば、子供とキャンプやスキーに行く事を思えばベストな車です。
外人を乗せたとき
イタリア人とクロアチア人をベルファイアに乗せる機会がありました。ヨーロッパでこの手の車はあまり走っていないのかもしれませんね。バスと呼んでいました(笑)。大柄な彼らは、ベルファイアの後部座席はゆったりで満足してました〜そりゃそうだろ!320の後部では狭すぎて可愛そうだった。
電動のスライドドアや天井のLED間接照明には感動してました!この辺り日本車の素晴らしい所でありまして、細部まで凝っております・・・。
燃費に関しては市内で6〜8km/l程度、高速道路ばかりで11〜13km/L辺りです。車重から考えても妥当な燃費かと・・・。

タイヤチェーン編
バッテリー交換編
トップへ

潟pワーグリーン・ジャパン〒573-1111 大阪府枚方市楠葉朝日1丁目5-2 TEL:072-894-8615 FAX072-894-8616
 セラミックパワーリキッド代理店募集 強酸性水と次亜塩素酸水 強電解と医療
Copyright 2010 POWER GREEN・JAPANAll led rights reserved.c